ちろろぐ。

精神疾患からジャニーズまで。。。。

ちろろぐ

西野亮廣さんの全く、面白くもなんともない肩書き問題に西野さんのちっさい部分を見たような気がした。

実は、ちょっと前まで、興味津々だった西野亮廣さんに

ガッカリしつつある。。。

それが、肩書きの問題だ。

芸人がどーの、絵本作家がどーのとか

それが、何?っていう状態に今はなってしまって

西野さんの記事すら、今は、読めないぐらいガッカリしてしまっている。

それまでは、西野さんのやってることは、確かに面白かったし、

サロンにも入ろうか、なやんだぐらい好きだった。

 

しかし、今、思うと田舎に住んでいる私が、

サロンに入って楽しめるのか?という疑問も今は、起きている。

そんなに東京まで行けるかどうか?と聞かれたら、

いや、障がい者の私が、行けるはずもない。。。。

全く行けないわけでもない。

でも、サロンというものが東京近郊に住む人だけを

中心に考えられたものだとしたら、本当にガッカリだ。

私のような、地方に住む人間でも楽しめるものであってほしいと

思う。。。

 

そこへきて、今回の数日に渡っての肩書き問題。。。。

なんか、ぶっちゃけ、西野さんが面白い人なのか、面白くない人なのか

??????という状態になってしまったのだ。

しかも、この肩書き問題で、かなり混乱も生まれたのは、確かだ。

本当に芸人をやめると思った人も少なからずいたはず。。。。

もはや、冗談が冗談と思えない状態。。。。

まぁ、それは、その人その人の解釈で判断すればいいのかもしれない。

西野さんの言いたいこともわからなくもない。

肩書きというのが、西野さんの活動や発言を世間が狭めてしまっているのかも

しれない。だから、1度、肩書きを捨てた。。。。

と、私は、解釈をしてみたのだけれども、

それにしても、あまりにも、大騒ぎになってしまって

笑えない、面白くない状態になってしまったと思うのは、私だけだろうか?

 

 

それとも、私は、一般人だから、肩書きと言えばライターぐらいしか

持ってない。

ライターという肩書きだからと言って、ライターの仕事だけをしてるか

と聞かれると、そうでもない。ブログも書いたり、Webデザインの仕事も

やったりする。

私の中で肩書きなんぞ、あってないようなものなのです。

 

だから、余計に西野さんの肩書きにこだわる理由がよくわからなかった。

例えば、品川庄司の品川さんは、芸人さんだけど、映画も撮ったりする。

だけど、特に、自分では、芸人と言ってて、特段に映画監督ということも

ほとんどない。。。。

芸人だからって芸人の仕事しかしちゃいけないのか?っていうと

私は、違うと思うし、

西野さんは、絵本も書くし、公演なんかもやったりするし、

いろんな人と対談もしたりして、活動の場を増やしてる。

そのことを周りの人に、芸人なのに。。。と言われて 

肩書きにこだわって、周りのことを気にしすぎてるとしたら、

随分と気持ちのちっさな人だなぁと思う。。。。

別に、周りを気にすることはないし、

気にしすぎて、肩書き問題に発展したのだったら、

ちょっと、器が小さいかなぁ。。。と思ったりする。

 

 

そうして、今、この文章を書いてて思うことは、

私は、西野さんの今までやってきたことは、断然、肯定するし、

面白いと思ってついてきた。。。。

 

 

今でも、そう思っている。。。。

だから、周りに何を言われようと自分のやりたいことは、

どんどんやればいいと思うし、

肩書きとか言いたいやつには、言わせとけ!って私は思う。。。。