ちろろぐ。

精神疾患からジャニーズまで。。。。

ちろろぐ

うつ病で入院する際に気になるだろうことを入院経験3回の私が答えます。

おはようございます。

 

チロルです。

 

以前もお話したかと思いますが、

私は、うつ病です。

20代の頃から病んですでに20年になります。

たぶん、普通のうつ病だととっくに寛解して

普通の生活を送ってる頃だと思います。

しかし、私が、反復性うつ病のためある程度はよくは、

なるんですが、寛解まではいかないのです。

ちなみに入院経験は3回ほどあります。

その辺が気になる方が多いようなので、私が入院した時の話を

書きたいと思います。

 

f:id:chiroru1006:20170320045834j:plain

 

精神科での入院とは、どんな感じなのか?

 

精神科の入院にも閉鎖病棟と普通の病棟とがあると思います。

閉鎖病棟というのは、緊急的な患者さんが入院します。

例えば、自殺未遂をして入ってきた患者さんとか、

状態がかなり悪い患者さんとかですね。

閉鎖病棟というだけあって、全部の扉に鍵がかかっていて

患者さんは出入りは自由ではありません。

私が、うつ病で入院した時が閉鎖病棟でした。

というかむしろ閉鎖病棟しか知りません。。。。。笑

閉鎖病棟にも個室と大部屋があって、

1番最初に入院した時が、個室でした。

 

だいたい、他の患者さんと関わりをもたせたくない場合や、

自殺未遂をした患者さんとか親御さんが個室を希望する場合などが

個室になります。

結構、これがデリケートな問題で、まだ、患者さんの状態が

よくない場合も個室になります。

それで、落ち着いてきた頃に大部屋に移る場合が多いです。

 

 

入院にも種類が存在する

 

 

といった種類が精神科の場合精神保健福祉法に基づきあります。

ひとつひとつ説明をしていきたいと思います。

 

入院の種類
種類内容
任意入院 当院の医師が治療のために必要と診断した場合に、ご本人の同意のもとに行っていただく入院です。ただし、72時間に限り、精神保健指定医の判断により退院を制限することがあります。
医療保護入院 患者さんご本人の同意がなくても、精神保健指定医が入院の必要性を認め、患者さんのご家族等のうちいずれかの方が入院に同意したときの入院です。精神保健福祉法に基づく家族等とは、次のような方です。(優先順位はありません。)

 

  • 配偶者
  • 父母(患者さんが未成年の場合:両親が望ましい)
  • 祖父母、子、孫、兄弟姉妹
  • 後見人又は保佐人、家庭裁判所が選任した扶養義務者

また、患者さんに上記の家族等がいない場合または家族等の全員が意思を表示することができない場合で、精神保健指定医が入院の必要性を認めたときは、患者さんの居住地の市区町村長の同意により医療保護入院となることがあります。

応急入院 患者さんご本人または保護者・扶養義務者の同意がなくても、精神保健指定医が緊急の入院が必要と認めたとき72時間を限度として行われる入院です。
措置入院 自傷他害のおそれがある場合で、知事の診察命令による2人以上の精神保健指定医の診察の結果が一致して入院が必要と認められた場合、知事の決定によって行われる入院です。
緊急措置入院

自傷他害のおそれがある場合で、正規の措置入院の手続きがとれず、しかも急速を要する場合、精神保健指定医1人の診察の結果に基づき知事の決定によって72時間を限度として行われる入院です。

(引用 http://www.byouin.metro.tokyo.jp/matsuzawa/shinryou/nyuuin/nyuuin_syurui.html

 

私の場合、いつも任意なのですが、1番最初だけ措置入院でした。

措置入院の場合、上の表を見てもわかるように

自傷行為や、周りを傷つける場合がある時に措置入院になります。

 

 

うつ病での入院生活とは、どんな感じなのか?

 

普通の入院とそんなに違いは、ありません。

ただ、特殊なのは、例えば、入院する前に荷物検査があります。

で、例えば、危ないもの。

ドライヤーのコードなどコードのある物は、

だいたいが、持ち帰られるか、ナースセンターでの預かりになります。

あと、携帯電話なども預かりになるか持ち帰りになります。

外との連絡は、電話BOXなどがあったりして、そこで

テレホンカードを使ってかけます。

ちなみに私の入院した病院は、結構厳しくてテレホンカードも

ナースセンターでの預かりになっていました。

あとは、入浴の時に使うカミソリなどももちろん預かりです。

面白いなぁって思ったのは、洗濯の時に使う洗剤は、

粉で、液体は、飲んでしまう患者さんがいるために使えません。

あと、普通の科の入院だと、だいたいが、カーテンをひいて

個室状態にしてる場合が多いですが、

精神科の場合は、着替える時とか以外、だいたいオープンに

なってます。

特に新しい患者さんの部屋は。。。。

 

 

 

入院してるとこうゆうこともあるよ

 

精神を病んでる患者さんが入院してるので

突然、ブチ切れる患者さんもたくさんいます。

私が何度か見かけたのは、看護師さんともめて、

看護師さんとうまく話が噛み合わなかった時に

普段おとなしい患者さんが突然ブチ切れて、

ホールにある椅子をナースセンターに投げつけ、

怒鳴ったりすることもよくあります。

 

患者さんのケンカの相手が看護師さんの場合もありますし、

他の患者さんの場合もあります。

なので、出来るだけ、患者さん同士のやりとりは、

よく反対される場合もあります。

 

あと、うつ病や、統合失調症躁鬱病などが

主な患者さんになりますが、1週間に1度、1週間分の

おやつの注文が出来る場合があります。

私の入院してた病院がそうでした。

それで、おやつの時間に飲み物とおやつを食べていいことになっています。

しかし、おやつや、紙1枚でも他の患者さんには、譲っては

いけないことになっています。

勘違いなどで盗った盗らないのもめごとになるからです。

 

 

 

まとめ

 

私が、最初に入院した時は、すごく怖くて他の患者さんとも

一切接することもなかったのですが、

2回め、3回めぐらいになると、その空気に慣れてしまうので、

怖いこともないですし、担当の看護師さんがついてくれて、

話を聞いてくれたりして、家でうつうつして苦しむよりも

入院して、早く寛解して退院した方が、いいと私は思います。

慣れるまでは、怖いとこって思ってしまうかもしれませんが

それは、思い違いでそんなに居心地の悪いところではありません。

まぁ、居心地のいいところでもないですけどね。笑

 

 

うつ病で入院したら、だいたい3ヶ月、早くて1ヶ月で

だいたいの人が寛解するので入院オススメ派です。

早くうつ病も治して、楽しい生活を送りたいものですね。