読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY JAM

精神疾患からトレンドまで。。。。

メジャーデビューを果たした元KAT-TUN田口淳之介くんのインタビュー記事。(日刊スポーツより)

こんにちわ。

 

毒舌ブロガーチロルです。←

 

ここ3日ほど、PV数があがってて、嬉しい限りです。

やはり、プロのブロガーを目指してる人がそれだけ多いということでしょうか。

アドセンスの方も右肩上がりです。

少しづつ結果が出てるのか、一時的なものかは、もう少し様子を

見ないとなんとも言えないですけど。。。。

 

今回は、元KAT-TUN田口淳之介くんの日刊スポーツの記事について

言及したいと思ってます。

 

 

メジャーデビューを果たした田口くんのインタビュー記事

 

昨年3月末にジャニーズ事務所を退社した元KAT-TUNの田口淳之介(31)が5日発売のシングル「Connect(コネクト)」でソロ歌手としてメジャーデビューする。このほど日刊スポーツの取材に応じ、今後の活動やジャニーズから離れてソロデビューに至った経緯、07年に報じられた女優小嶺麗奈(36)との交際についても明かした。



 -シングル「Connect(コネクト)」に込めた思いやこだわりは

 田口 シンプルに言うと「つながり」がテーマ。メジャーデビューにあたり、関係者の方々のお力添えもありましたし、自分を助けてサポートしてくれる人たちや、自分が憧れるアスリートだったり、曲の制作に携わってくれるスタッフ、アーティストの人たち、1つ1つのつながりが、今の自分を作っているんだ、という思いをこの曲に込めました。(ソロになった自分の)名刺代わりじゃないですけど、今の自分を知ってもらえる曲になったのではないかと思っています。

 -「今の自分」とは一体どういうものですか

 田口 簡単に言うと、すげえ伸び伸びと自分らしく、自分の音楽性だったり、人間性だったり、包み隠さずストレートに表現できる、というのが、自分の立ち位置だと感じています。

 -伸び伸びというのは具体的に

 田口 今回の楽曲制作だったり、ジャケットとか、全てに自分の力でプロデュースの作業に入っていて。ノータッチの部分がない。自分の手でつくりあげている実感もある。その分、手が抜けない。1つ1つ細かい部分でも勝負だなと思っています。

 -メジャーデビューまでの道のりですが

 田口 去年、インディーズデビューして、その時に今後の音楽、どういうものを作っていこうかと、音楽スタッフと打ち合わせしながら作っている中で、この曲ができたので、ぜひこの曲を使おうと思っていたら、メジャーデビューしないかと声が掛かった。

 -ソロでメジャーデビューする今の心境は

 田口 自分自身は実は正直変わっていないから、自分のやることを、自分の気持ちのままにやっているだけなので、支えてくださるスタッフの皆さんはとても心強いと思いながらやっています。

 -ジャニーズ事務所から離れ、ここまでの1年は何をしていた

 田口 とにかく辞めるまでは、グループとしての自分の仕事をまっとうすることだけを考えていた。実際、辞めた後も(仕事について)これという形はなかった。でも音楽をやりたい。音楽をやって、歌って、踊りたいという部分は、子供のころからやってきた部分だし、そこに対してはまだ夢があった。形を変えてやれたらいいなというところで、いろんな仲間だったり、後押ししていただいて。活動開始できたのが、本当にそういう流れで、実際、去年の11月にインディーズでシングルを出して、ファンクラブイベントもやって、ファンの皆さんの応援がすごくダイレクトに伝わってきて、ありがたいなと思いました。自分を応援してくれる人がこれだけいるんだったら、その分、応えていかないと、という部分も感じた。この1年間、濃い時間を過ごした気がします。

 -「濃い」とは具体的に

 田口 そもそも、楽曲制作も、ウェブページ作りも自分でやらなければいけない。いまだにウェブのほうは定期的に変えたり、イメージの発案は自分でやっていますから。作り上げることが、こんなに大変ですごいことなんだと、実際にやってみて知りました。今まで経験したことのないこともやってきてる。その分、やりがいがある仕事だと思う。本当にストレートに表現できる場が、今のインターネット。SNSもあるし、広がりある時代なので、自分の表現を包み隠さずできる。ダイレクトに届いたらいいなと思いながら、どんどんそういう試みをやっていければ。あとはウェブだけでなく、会報誌だったり、そういうことまで自分が携わってやっていますから、どういうことを求められているんだろうか、そういうことも考えたりする。いろんな目線で自分を見られるようになった気がします。

 -この1年は準備期間だった

 田口 本当、そうですね。いわゆる仕事という形ではなく、生活が仕事になっているというか。仕事のスケジュールがない時も楽曲について考えたり。生活の全てが仕事になっている。この1年間、曲作りは常にやっています。

 -生活はがらりと変わったか

 田口 それほど変わってないですが、アクティブにはなっている。大阪に曲作りに行ったりとか、支えてくれるDJ、ラッパー、シンガーがいるので。そういう人たちと曲作りをやっています。

 -以前できなかったことで今できていることは

 田口 できなかったことはなかったけど、できることの幅が広がったという感じで、振り付けも自分でダンサーと考えながらやったり。1つ1つ手作り。1つの作品として残るものだから、自分の納得いくまで、妥協せずやっている感じがします。

 -グループにいてソロ活動をするという選択はなかったのか

 田口 言葉で言うと難しい。みんなやりたいことがそれぞれあるし、単純にソロでやりたいから、という理由で辞めたわけではありません。応援してくれるファンの方々の中にも、納得できないと思った人もいたと思う。そういう思いも背負って、自分は生き方で返していければ。

 -ジャニーズ事務所にとどまってソロ活動という選択は

 田口 その時は選択肢がそんなに広くなかったんじゃないかな。選べる立場というか、何て言ったらいいのかな…。自分がそんなに選べる立場でもない中で、もちろんメンバーとも話したり、結果として、こういう形になったというのが事実としてある。ソロ活動をやろうと思ったのは、事務所を辞めてからだった。事務所の中で育ったタレントの1人で、グループの一員でしたから。

 -ソロ活動がしたくて辞めたのではなかった

 田口 そうです。そこは伝わっていない部分だと思うし、1個1個説明するのも筋が違うかなと思う。人間として、男として、人生の岐路だったのでしょう。30代に入ったというタイミングも大きかった。僕の友人でもいますが、転職とか30歳で進路を変える人が多くて、男として歩んでいる中で、転機がそのタイミングだった。20歳でデビューして10年間、大きいグループでの活動を経て、1つの自分の区切りでもあったのかな。自分の生き方と、会社に所属する人間としての葛藤があったのは確かです。そこで誰しも選択というものがある。自分は組織とは違う別の方向に行く決意をしたというのが、辞めることにつながったのかな。正直、不安でしたよ。もちろん生活が変わりますし。その中でも、自分の体の中に、音楽というものが大きくて、子供のころからやってきて触れた文化だし、自分が得意なもの、ダンスだったりあったわけだから、そういうものを求めてくれる人のために頑張りたいなと、また思った。何かちゃんと自分の力で表現者として生きていけたらいいなと思ってスタートした。だから今の自分を見て、受け取ってくれればと思います。

 -具体的にはいつごろからソロ活動を意識した

 田口 辞めて1カ月ぐらいは何も考えてなくて(昨年の)5月に入ってぐらいから。自分の周りにも、音楽やっている人がたくさんいるし、そういう人たちの活動を見ていても、心が揺さぶられたというか。自分もやはりそっちの立場、ステージに立つべき人間でありたいと再認識したというか。活動のフィールドは違うけど、伝えたいものをそれぞれ持っている。自分にも部分があった。もちろん、かっこいいとか、声援を浴びる中で生きてきて、歌や踊り、体形維持など、そのために努力した。そういうものは体に中に染みついていて。純粋に自分の力でどこまで勝負できるのか、アーティストとしての生き方をどれぐらいできるのか、純粋に知りたかった。

 -KAT-TUNでは、田中聖赤西仁が先に事務所を離れてソロ活動をしていました

 田口 影響は全然なかったです。もちろん知っていたし、活動しているのも分かっていたけど、彼らの影響で、というのは違うかな。それぞれ頑張っていく、というのがお互いの生き方ですから。

 -6人組だったKAT-TUNは現在メンバーは3人で活動も休止中

 田口 個々に活動もしていると思うし、休止を決めたことは、もちろん僕も実際ノータッチで、3人が選んだことだと思う。僕は正直、自分のことでいっぱいいっぱいで、それはみんなもそれぞれの得意とするフィールドがあって、そういうのが合わさってグループだったと思う。お互いそこは伸ばせていければと思います。何年後かにお互いに納得いく形でまた会えたらいいなとは思います。

 -3人とは連絡を取っている

 田口 取ってないです。自分にとっていろいろ新鮮なこともたくさんあるし、その分、毎日、1日1日がすごく大きいので、そこを考えることでいっぱいいっぱいです。新しい場での仕事、経験したことのない仕事もあるので新鮮です。

 -先日はファッションショーのステージにも立ちました

 田口 仕事として振ってもらうことがタレント、アーティストとしての価値だったと思うので、(自分を)面白そうだなと思って、仕事として呼んでくれるのをやっていくというか、俳優もやりたい。表現方法はいろいろあるから。

 -いろいろある

 田口 海外に向けてとか。世の中にどういう仕事があるのか、まだ分かってないけど、歌手はベースに、俳優で行っちゃうか、何で行くのか分からない。歌手の仕事は自分の大きい部分を占めていて。声優もやってみたい。経験してみたいと思う。

 -将来の夢は

 田口 近いことで言ったら、ライブとか。とにかく今年できることをやって、その積み重ねだと思っている。全国のいろいろな人に曲を聴いてもらって、女性はもちろんですが、男性からもかっこいいなと思える、人間としてもそういう生き方もできたらと思っています。

 -私生活ですが、結婚は考えていますか

 田口 まだあれですけど、そこはゆくゆく。いつになるか分からないですけど、そこは男としても普通に経験したいことだと思う。

 -交際は順調

 田口 はい。

 -以前よりも顔立ちが引き締まっているように見える

 田口 やせたって言われるけど、体重は変わらない。髪を切って、シュッとした感じがあるのかな。【取材・近藤由美子】

 

 

私が思う、田口淳之介という男について

 

まぁ、ぶっちゃければ、結婚が頭にあって事務所を辞めたものだと

私は思ってます。

それは、もう、辞める宣言をした時から思っていて、

事務所が小嶺麗奈との結婚を認めてくれなかったから。。。。

なぜ、小嶺麗奈は、ダメなのか?

それは、小嶺麗奈の周りの友達関係が関東連合だったりするので

そこで、田口くんも関東連合との付き合いが出てきてしまっているから。。。

それで、何か問題を起こした時に事務所がかばいきれないかも

しれない。

だから、事務所が、小嶺麗奈を嫌うのは、そこ。

ぶっちゃけると田口くんがソロでそんなに人気が出るとも思えないし、

ソロになる意味なんて全くもってなかったりすると

きつい言い方になるけど、私は、そう思ってます。

確かに田口くんのダンスはキレもあるし、指先まできれいにしなってるし、

ダンスで言ったら、一流かもしれないけど、

歌はなぁ。。。。と。

そうゆう方向をとるしか方法がなかったと思う。。。

そうゆう意味では、応援していきたいと思ってます。