読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY JAM

精神疾患からトレンドまで。。。。

ドラゴンクエスト11の発売日が決定!!予約開始してます!!セブンネットでの早期購入特典あり。

こんにちわ。

 

チロルです。

 

いよいよドラクエ11の発売日が7月29日と決定しました!!

 

www.dq11.jp

 

セブンネットでの早期購入特典は「しあわせのベスト」「なりきんベスト」に

なってます。

セブンネットで予約して特典をゲットしましょう!!!

 

 

3DS版の予約はこちらから

7net.omni7.jp

PS4版の予約はこちらから

7net.omni7.jp

 

PS43DS両方の予約はこちらから

7net.omni7.jp

 

まだPS4をお持ちでない方は、この機会にいかがですか?

オムニ7 - セブンネットショッピング|PS4 PlayStation4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION 通販

 

3DS LLパールホワイトの販売はこちらから

オムニ7 - セブンネットショッピング|Newニンテンドー3DS LL パールホワイト 通販

 

 

 

 

f:id:chiroru1006:20170412135657j:plain

 

 

 

スクウェア・エニックスは4月11日に発表会を開き、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(ドラクエ11)を7月29日に発売することを明らかにした。

 プレイステーション4(PS4)とニンテンドー3DS3DS)で同時に発売され、価格はPS4版が8980円(税抜き)、3DS版が5980円(同)を予定する。PS43DSの同時発売はゲーム業界では異例だという。

 平和な村「イシ」で育った主人公が、ある日村の成人の儀式に臨む。そしてそれをきっかけに、自分がかつて世界を救ったとされる「勇者」の生まれ変わりであり、大きな使命を背負う者だと知る――これが「ドラクエ11」の物語の流れだ。

 これはPS4版も3DS版も変わらない。キャラクターや建物はどちらも3Dで描写されるが、3DS版では教会に行くことで2D表示に切り替えることができる。平面のマップを歩く昔ながらのドラクエを楽しめるというわけだ。他にも、かつてセーブデータの代わりとして使われていた「ふっかつのじゅもん」を入力すると、さらなるお楽しみが追加される要素もある。

 このように「ドラクエ11」はあらゆる世代のファンでも楽しめるように作られている。サブタイトルの「過ぎ去りし時を求めて」の意味も、過去作のファンにも楽しめるようにという狙いがあるという。「ドラクエ」生みの親である堀井雄二氏もまた、発表会で「ドラゴンクエスト30年の思いが全部このソフトに詰まっている」と語った。

 あらゆるファン層をターゲットにする戦略が、「ドラクエ11」のPS43DSの同時発売という形となって表れたようだ。ほかにも理由はないのか、スクウェア・エニックス広報に尋ねてみたが「より多くの人に楽しんでもらうため」という回答しか得られなかった。

 

(引用  dot.)

 

 

 

 

mainichi.jp

 ドラゴンクエストが初めて発売した時、私は小学生で

弟と2人で仲良くゲームをしたことを覚えています。

ぜひぜひ、またドラゴンクエスト3DS版を購入してやりたいと

思ってます。

あー。そしたら、きっとブログ書けなくなっちゃうかもだなぁ。。。

 

 

きっと他のお店で予約するとまた早期購入特典が違うのかも

しれないけど、コンプリートするのもありかも。。。。

スクウェア・エニックスの人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作で、シリーズ30周年記念作品となる「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」(PS43DS)の発表会が11日、東京都内で開かれ、発売日が7月29日、価格はPS4版が8980円、3DS版が5980円(ともに税抜き)と発表された。「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親の堀井雄二さんは「(初代ドラゴンクエストを)30年前に作ったとき、30年後に盛大な発表会ができるとは思わなかった。(最新作の『11』は)30年の思いが全部詰まっています」とアピールした。

 会見には、堀井さんのほかに、「ドラゴンクエスト」ファンというJOYさんと本田翼さんも出席。本田さんは、完成間近というソフトを実際に操作して、村のあちこちを駆け巡ったり、宝箱を開けたりしていた。また火山のフィールドや、戦闘シーンなども体験。本田さんは、「10」の金策アイテムの「かぜきりのはね」を手に入れると「売らなきゃ」と口にしてマニアぶりを明かしたほか、JOYさんも「『ガンガンいこうぜ(戦闘時のAI指示)』は、まずいんじゃないですか?」とファンならではのコメントを連発。“ドラクエ愛”を全開にしていた。

 スクウェア・エニックスの三宅有・エグゼクティブプロデューサーは、「11」の発売時期について「シリーズの30周年となる(今年)5月の発売を目指していましたが、(ゲームの)最終的なクオリティーアップのために2カ月が必要。堀井さんと相談して、そう判断させていただきました。今しばらくお待ちしていただければ幸いです」と頭を下げながら、ゲームの出来に自信を見せていた。

 「ドラゴンクエスト」シリーズは、ゲームクリエーター堀井雄二さんがゲーム設計とシナリオ、「ドラゴンボール」などを生み出したマンガ家の鳥山明さんがキャラクターデザイン、作曲家のすぎやまこういちさんが音楽を担当している人気RPG。「ドラクエ」の愛称で親しまれており、1980年代後半には、ソフトを購入するために会社や学校を休み、販売店の前に長蛇の列を作るなどの社会現象となった。

 最新作の「11」は、美しいCGが売りのPS4版とファミコン時代から受け継がれるデフォルメ指向の3DS版というタイプの異なる2種類を発売する。どちらのハードで遊んでも同じストーリーが遊べる。



ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170411/dyo/00m/200/008000c#csidx21eff237562e81aa1607e5902e3d426
Copyright 毎日新聞

スクウェア・エニックスの人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作で、シリーズ30周年記念作品となる「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」(PS43DS)の発表会が11日、東京都内で開かれ、発売日が7月29日、価格はPS4版が8980円、3DS版が5980円(ともに税抜き)と発表された。「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親の堀井雄二さんは「(初代ドラゴンクエストを)30年前に作ったとき、30年後に盛大な発表会ができるとは思わなかった。(最新作の『11』は)30年の思いが全部詰まっています」とアピールした。

 会見には、堀井さんのほかに、「ドラゴンクエスト」ファンというJOYさんと本田翼さんも出席。本田さんは、完成間近というソフトを実際に操作して、村のあちこちを駆け巡ったり、宝箱を開けたりしていた。また火山のフィールドや、戦闘シーンなども体験。本田さんは、「10」の金策アイテムの「かぜきりのはね」を手に入れると「売らなきゃ」と口にしてマニアぶりを明かしたほか、JOYさんも「『ガンガンいこうぜ(戦闘時のAI指示)』は、まずいんじゃないですか?」とファンならではのコメントを連発。“ドラクエ愛”を全開にしていた。

 スクウェア・エニックスの三宅有・エグゼクティブプロデューサーは、「11」の発売時期について「シリーズの30周年となる(今年)5月の発売を目指していましたが、(ゲームの)最終的なクオリティーアップのために2カ月が必要。堀井さんと相談して、そう判断させていただきました。今しばらくお待ちしていただければ幸いです」と頭を下げながら、ゲームの出来に自信を見せていた。

 「ドラゴンクエスト」シリーズは、ゲームクリエーター堀井雄二さんがゲーム設計とシナリオ、「ドラゴンボール」などを生み出したマンガ家の鳥山明さんがキャラクターデザイン、作曲家のすぎやまこういちさんが音楽を担当している人気RPG。「ドラクエ」の愛称で親しまれており、1980年代後半には、ソフトを購入するために会社や学校を休み、販売店の前に長蛇の列を作るなどの社会現象となった。

 最新作の「11」は、美しいCGが売りのPS4版とファミコン時代から受け継がれるデフォルメ指向の3DS版というタイプの異なる2種類を発売する。どちらのハードで遊んでも同じストーリーが遊べる。



ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170411/dyo/00m/200/008000c#csidx962ad28afe298d4b1c58b512d6a6dd4
Copyright 毎日新聞

スクウェア・エニックスの人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作で、シリーズ30周年記念作品となる「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」(PS43DS)の発表会が11日、東京都内で開かれ、発売日が7月29日、価格はPS4版が8980円、3DS版が5980円(ともに税抜き)と発表された。「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親の堀井雄二さんは「(初代ドラゴンクエストを)30年前に作ったとき、30年後に盛大な発表会ができるとは思わなかった。(最新作の『11』は)30年の思いが全部詰まっています」とアピールした。

 会見には、堀井さんのほかに、「ドラゴンクエスト」ファンというJOYさんと本田翼さんも出席。本田さんは、完成間近というソフトを実際に操作して、村のあちこちを駆け巡ったり、宝箱を開けたりしていた。また火山のフィールドや、戦闘シーンなども体験。本田さんは、「10」の金策アイテムの「かぜきりのはね」を手に入れると「売らなきゃ」と口にしてマニアぶりを明かしたほか、JOYさんも「『ガンガンいこうぜ(戦闘時のAI指示)』は、まずいんじゃないですか?」とファンならではのコメントを連発。“ドラクエ愛”を全開にしていた。

 スクウェア・エニックスの三宅有・エグゼクティブプロデューサーは、「11」の発売時期について「シリーズの30周年となる(今年)5月の発売を目指していましたが、(ゲームの)最終的なクオリティーアップのために2カ月が必要。堀井さんと相談して、そう判断させていただきました。今しばらくお待ちしていただければ幸いです」と頭を下げながら、ゲームの出来に自信を見せていた。

 「ドラゴンクエスト」シリーズは、ゲームクリエーター堀井雄二さんがゲーム設計とシナリオ、「ドラゴンボール」などを生み出したマンガ家の鳥山明さんがキャラクターデザイン、作曲家のすぎやまこういちさんが音楽を担当している人気RPG。「ドラクエ」の愛称で親しまれており、1980年代後半には、ソフトを購入するために会社や学校を休み、販売店の前に長蛇の列を作るなどの社会現象となった。

 最新作の「11」は、美しいCGが売りのPS4版とファミコン時代から受け継がれるデフォルメ指向の3DS版というタイプの異なる2種類を発売する。どちらのハードで遊んでも同じストーリーが遊べる。



ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170411/dyo/00m/200/008000c#csidx962ad28afe298d4b1c58b512d6a6dd4
Copyright 毎日新聞