ちろろぐ。

精神疾患からジャニーズまで。。。。

精神疾患を本の受け売りだけで決めつけて欲しくない。

こんにちわ。

 

チロルです。

 

私は、ちょっとイラついてます。

それは、某精神疾患持ちの方のブログです。

それについて簡単に言及したいと思います。

 

精神疾患が全然軽くて本とかによる受け売りで語るな!

 

 

 

f:id:chiroru1006:20170518030457j:plain

 

私は、もう、精神疾患は、20年になり、今も苦しんでいます。

通院も2週間に1回。

それでも、うつ病自律神経失調症パニック障害発達障害

色々な疾患に苛まれています。

今も、ブログを積極的に書きたいと思っていても

体調が悪く、寝たきりな日々が続いたりします。

なかなか思ったように生活できないことが私の中で

すごくもどかしいのです。

 

こんなことを人と比べるのもおかしな話だと自分でも思ってます。

しかし、通院は2ヶ月に1回。

普段は、病気に苦しむことなく毎日ブログを更新し、

活発に行動しています。

その人が、偉そうに精神疾患について語ることが

とても私の中では、不愉快ですし、病んで3〜4年。

まぁ、その3〜4年が彼にとってどんな3〜4年だったかは

私は、知りません。

 

でも、私は、20年の間、ずっと苦しみ続け、

今も、病気と闘っています。

入退院を繰り返しています。

だから、もう何十年も病院に入院したままの人とかも

いろんな患者さんを見てきました。

 

別に、精神疾患が軽いから語ってはいけないとは思ってません。

ただ、全てわかったような口調で語る彼が私をイラつかせるのです。

 

そして、Twitterでもマイナスな意見をスルーします。

しまいには、フォローを外されてしまいました。笑

 

 

精神疾患を持っていても行動できることが羨ましい。。。

f:id:chiroru1006:20170516055207j:plain

私は、精神疾患が重いのでブロガーのイベントにも

ほとんど参加できずにいます。

しかし、彼は、普通にどこにでも行きます。

ぶっちゃけると羨ましいのです。

精神疾患を持っていてもそうやって活動できることが

羨ましいのです。

それと同時に本の受け売りがほとんどで経験したことのないことで

ブログが成り立ってることも私をイラつかせてます。

 

 

私のブログには、本の受け売りは、全くありません。

自分で経験したことしか書いていません。

 

 

今日は、たまたま落ち着いてるのでブログも書けますが、

ここ3週間ほど調子があまりよくはありませんでした。

 

ちなみに私には、寛解ということもありません。

なので、一生病気と共存していかないとならないのです。

だから、余計に腹立たしいのかも。。。。

 

それでも、きっと彼のブログは、今、病んでる方にとっては、

きっと、病気から立ち直りつつある状態でバイブル的なものなのでしょうね。

 

 

私は、体調が悪い時は、ほぼ寝て暮らしています。

ブログを書こうとパソコンを立ち上げてはみるけど、

結局、1文字も書けなくてパソコンを閉じる状態ですね。

 

 

まぁ、自分でもわかってますよ。

精神疾患とはいえ、人それぞれだということぐらい。

だから、羨ましいのが、半分。

彼の態度がイラつかせるのが半分ってとこですね。笑

 

 

多分、普段だったら、私もそんなにイラつくこともないと

思います。

今、あんまり体調が良くなくてイラついてることと、

彼に私が、批判的な意見を出すとスルーしてしまうことですね。笑

それがバカにされてるような気がして。。。。

 

 

まぁ、私の器がちっちゃいってこともあるんですけどねー。笑

 

お人好しすぎる精神疾患持ち。

 

 

自分でもいうのもなんなんですが、私はめっちゃ、お人好しです。

だから、嫌いな人が困っていても助けようとしてしまって

それで病んだりすることもあるほどのお人好しです。笑

なので、入院してた時も、結構そんな感じだったので

患者さんや、看護師さん、スタッフさんに好意的にしていただいていました。

なので、入院してる間が苦痛ではなかったです。

まぁ、実家にいるよりはずっと居心地は良かったです。笑

それもどうかと思いますけどね。笑

 

 

私の家は、ちょっと、家庭環境が複雑なので

もう、すでに父親には、勘当されてますし、

兄弟とも気まづいです。。。。

一切連絡はとっていません。

なので帰る場所も特にありません。

 

それも特に気にしていません。。。笑

 

もともと、実家が嫌いだったので。。。。

 

 

とまぁ、そんな感じです。

 

 

それでは、また!