ちろろぐ。

ジャニーズ全般について。時々、うつ。

うつ病になった時、仕事はどうしたらいい?うつ病診断チェックと共にうつ病になりにくい対策とは?

こんばんは。

 

チロルです。(@arisu1006)

 

反復性うつ病(難治性うつ病)持ちのブロガーでございます。

ちなみに私が、うつ病になったのは、完全に職場の人間関係です。

それでも、色々と仕事しながらうつ病と闘ってきたんだ。

だけど、今は、完全に、外で仕事をするのが難しくなってしまったことと、

私自身が、文章を書く仕事が好きなこともあって、

現在は、Webライター&ブロガーなどをやりながら一人暮らしを

しています。

 

今日は、うつ病と仕事や働き方について書きたいと思います。

 

 

うつ病患者と仕事の関係。

f:id:chiroru1006:20180121023119j:plain

うつ病患者の原因といえば過度なストレスと言われています。

その過度なストレスをどこで受けるかと言ったら、やっぱり職場ですよね。

その職場ですが、特に社会的順位がうつの原因という研究が

発表になりました。

 

 

www.businessinsider.jp

 

 

社会的順位と言っても私は、高い場合、低い場合両方が

うつ病の原因になっているのではないか?と思っています。

 

私がうつ病になったのは、発達障害の二次障害だったりすることもありますが、

やはり、職場での人間関係でした。

そうですねー。それをよく考えてみると社会的順位というか

職場での優劣が私のプライドとやる気を粉々にしていったような気がします。

 

と考えると仕事とうつ病は密接な関係にあると思いますね。

 

 

うつ病になったら仕事はやめるべきかどうか?

f:id:chiroru1006:20180121023208j:plain

 

 

そうですねー。まず、病院に行くことが大事ですね。

そこで主治医の先生と相談してみるのもありだと思います。

私の場合は、契約社員だったのと、仕事での人間関係が原因だったので

考えることもなく、仕事を辞めたんですけどね。。。。笑

 

で、まず、ここで聞いてほしいんpが、うつ病になった時というのは、

頭が正常な判断hができなlくなっています。

なので、原因が職場や仕事にあるのではなければ、仕事をやめる判断は

まだしない方がいいと思います。

 

そう、うつ病の時に大事なことを決めるのは辞めた方がいいと

いうことです。

正常な判断ができないですからね。。。。

 

 

うつ病診断チェックサイト

 

utsu.ne.jp

 

www.cocoro-h.jp

 

www.utsu-s.jp

 

うつ病になりにくい身体をつくるための対策

f:id:chiroru1006:20180121023435j:plain

 

 

まず、ストレスは、こまめに発散した方がいいです。

あと、ストレスが溜まってお酒に走る人もいますが、お酒に走ってしまうと

アルコール中毒になる可能性も出てくるのでお酒に逃げるのは

辞めた方がいいかなぁと思います。

 

うつ病歴22年の私が言うのもなんなんですが、

適度な運動で汗をかいたり、カラオケで声を出したりすることも

ストレスの発散になると思うのでいいと思います。

あとは、規則正しい生活とバランスのとれた食事も大事ですね。

そして、朝、起きた時にカーテンを開けて朝日をしっかり浴びることも

うつ病対策には効果があります。

 

 

早くうつ病を完治(寛解)まで持っていくのには、入院が1番。

f:id:chiroru1006:20180121023940j:plain

精神科に入院。しかもうつ病で入院っていうとちょっと抵抗を感じる方も

いると思います。

しかし、自宅療養よりもうつ病を早く完治(寛解)させたいという方は

入院を私はオススメしています。

私は、過去に精神科の閉鎖病棟に4回ほど入院していますが、

だいたい、私のような重症な患者でも3ヶ月ほどでほぼほぼ安定します。

ちなみになぜ、今、安定という言葉を使ったかというと

私のうつ病は、反復性うつ病(難治性うつ病)と言い、治ることがないからです。

 

 

しかし、普通のうつ病の方でしたら、だいたい3ヶ月ほどで寛解するでしょう。

ちなみに寛解というのは、精神疾患が治ったことを寛解(かんかい)と言います。

早い人でしたら、1ヶ月ぐらいでよくなると思います。

 

なので、家での治療が困難(家族の理解がなくてとか通院が困難)の場合は、

入院してしまうのが、めっちゃ早くよくなるので、

私は、最初の1度目の入院は自傷行為によるものだったので

知らない間に入院させられていましたが、

あとは、自分から、入院したいと言いました。

当時は家族から病気に関しての理解がなかったのと、

病院が、遠かったために悪化した状態での通院が難しかったので入院を選びました。

 

なので、入院もひとつの治療の手だと考えておいてください。

 

 

それでは、また!!